一昨年の夏、京都大会で優勝を果たした強豪。勝負どころでも投手、捕手、野手が我慢できるところが特徴の「我慢強いチーム」だ。攻撃はみんなで繋いでいく野球をし、守備は言われたことをきっちり行い、アウトがとれるところは欠かさずとっていく。
昨年秋は準優勝、今年の春は3位という結果に。伊地知正喜監督は「勝ちきれていない」と語る。ただし「みんな野球が好きでやっている。上手くなりたいという感覚を失わないよう指導している」とチーム作りに努めているようだ。
守備はピッチャーの今井大志、遠藤慎也が柱となり、打撃は主将の山本秀太と新田広晴の1番2番が主力。
主将の山本は「アップやキャッチボール、ノックなど、全員で取り組むことを心がけてきた。例えばキャッチボールであれば、相手の胸に投げるなど、相手の事を思ってプレーすることを大事にしている」と語った。また、「試合終盤にかけて集中力が途切れてしまうことが課題。終盤でどれだけ攻めることができるかを強化したい」と話し、目標については「常に目の前の一戦一戦を全力で戦い、甲子園に出場して1勝することを目標に頑張ります」と力強く答えた。
京都翔英高校は硬式野球部専用のグラウンドを持ち、そこは宇治の町並みが見渡せる高さにある。太陽に近い場所で、夏の大会に向け、さらに技術を磨こうと選手の元気に声を出す姿がそこにはあった。(文中敬称略)【鹿野達郎】