昨年秋にベスト4、今年春には準優勝まで勝ち上がった強豪チーム、立命館宇治高校。ピッチャーの西成漱石を中心にした守りはまさに鉄壁。里井祥吾監督によると、「守備は西成の調子次第だが、失点はそこそこ計算できる」という。打撃においては、主将の井上光志郎や森本晃太朗が中心選手となる。
優勝までもう一息のチームが夏に向けてどれだけ強化するか。攻撃も守備も、基礎的なことに取り組んでいるという。例えば攻撃では送りバンド、セーフティバント、ケースバッティングなどに取り組み、守備では捕球から送球まで、そつのない野球を目指して精度を上げている。これまでの戦績は悪くないが、トーナメント戦は一発勝負となるため、慢心する事なく「勝てるチーム」を作ろうとしている。
一戦一戦しっかり戦えるよう、一戦必勝が夏の大会の目標。3年生にとっては集大成となる大会に「優勝目指して頑張るが、そう甘くはない」と里井監督は自身を奮い立たせた。
井上主将は「去年の夏は油断し、花園に負けた。今年は先を見ずに一戦一戦を戦いたい。その結果として優勝につなげていけたら」と目標を語った。そして「甲子園は小さい頃からの夢だった。これまで悔しい思いをしてきたので、どのチームよりも勝利への意識は高い。なんとしても勝ち上がりたい」と力を込めた。(文中敬称略)【鹿野達郎】