第100回全国高校野球選手権記念京都大会は18日、わかさスタジアム京都、太陽が丘、あやべの3球場で3回戦3試合を行った。このうちわかさスタジアムでは、立命館宇治と西城陽が地元対決を繰り広げた。終盤に粘りを見せた立命館宇治が西城陽を9―3で破り、ベスト16へ進出した。

西城陽   003000000=3
立命館宇治 00004113×=9

試合後、健闘をたたえ合う立宇治の井上主将(右)、西城陽の上原主将(右2)ら

昨年の秋季府大会の3位決定戦と同じ対戦カードとなった。その時は延長12回の末に、立宇治が9―6で競り勝っている。西城陽がリベンジに挑んだ。
先に試合の主導権をつかんだのは西城陽。3回表、先頭の7番・杉本が振り逃げで出塁し、8番・藤田の左前打でチャンスを広げると、敵失と2番・伊東の2点打で3点を先制した。
追う立宇治は5回裏、9番・今野のセーフティーバントからチャンスを作り、2番・西のスクイズと、敵失で2点を返し1点差に。さらに2死一・二塁のチャンスに打撃好調の6番・西成が左中間二塁打を放ち、二者が生還。この回打者一巡の猛攻で、4―3と逆転した。
立宇治は6回以降も攻撃の手を緩めず、疲れが見え始めた西城陽の先発・山中に容赦なく襲い掛かった。6、7回に1点ずつを奪い、8回には3番・井上、4番・森本、7番・上田の適時打でさらに3点。6点差をつけ、西城陽を大きく引き離した。春季府大会準優勝の実力を見せつけた。
対する西城陽は、主軸の5番・衣川が2安打を放ち、打線を引っ張った。4回表に先頭で二塁打、8回表は右前打でチャンスを広げたが、いずれも後が続かず、得点に結びつけられなかった。
立宇治の主将、井上は5回裏の猛攻について「ひとつのチャンスで畳みかけられたことはチームにとって大きな収穫。一気に逆転でき、これからの試合への自信になった」と話した。今後の戦いついては「最後まであきらめず、目の前の一戦を大切にして1試合でも多く野球を続けたい」と意気込んだ。
里井監督は「(西城陽の先発)山中投手の球は手元で伸びがあり、フライアウトが多くなってしまった。突破口を見い出せないまま3点を先制され、難しい試合になった。5回裏、先頭の今野がセーフティーバントを決めてくれ、地に足がついた。敵失を生かし、一気に勝ち越せたのが大きかった」と振り返った。
一方、敗れた西城陽の西田監督は「リードが3点もあったのに勝たせてあげられなかった。5回裏に逆転されたときも、ここから粘っていこうと話していたが、先に疲れが出てしまったのかも」と悔やんだ。試合終了後、ベンチでしばらく球場を見続けていた主将の上原は「打線で点が取れなかった。去年の4強を超え、甲子園へ行くためやってきたのに、ここで終わってしまい不甲斐ない。もっとこの場で試合がしたかった」と話した。【盛川振一郎】

■18日の結果

《3回戦》
北嵯峨   0000000=0
鳥 羽   0102004x=7(7回コールド)

洛 西   000121221=9
京産大附属 000141000=6