汐見町長に笑顔であいさつするコールマンさん

新任AETコールマンさん

◆…夏休み明け、2学期から井手町内の小中学校で、英語授業のアシスタントをつとめるAET(英語指導助手)が6日、役場を訪れ汐見明男町長に就任あいさつを行った。新任AETのタマラ・デニス・コールマンさん(21)は、小学生の時から日本のアニメファンで、在任中は日本の文化を吸収したいと意欲満々。
◆…コールマンさんは、アメリカシカゴ市の出身。イリノイカレッジでマーケティングや日本語を2年間勉強。2016年8月から1年間、大学間協定による交換留学生として立命館大学で学んだ。この時に受けた周囲の人の親切など日本の印象が良かったことから、今年度のジェットプログラムに応募した。
◆…汐見町長との会見では、「趣味は絵と写真。動物は好きですが、虫と納豆と暑い天気は嫌いです」などとユーモアをまじえ日本語で自己紹介。「井手町の印象はどうですか」と汐見町長がたずねると、「自然が多くて、とてもきれいな町です。でも店が少ないようです」と率直な答え。
◆…住居や食べ物から、移動手段、ホームシックは大丈夫かなど細かく気を遣いながら汐見町長は「子ども達のため、できるだけ長く居て下さい。困ったことがあれば何でも声をかけて」と温かいまなざしを向けた。
◆…就任あいさつ後のインタビューでコールマンさんは、「8歳の頃、兄の影響で日本のアニメ、ママレードボーイやビーチガールが好きになりました。絵がとてもきれいなのと、文化の違いが学べるところが良かったです」と日本に興味を抱いたきっかけを話した。日本では、日本のことをもっと勉強して、「将来は日本とアメリカの橋渡しが出来れば」と笑顔を見せた。
◆…なお、井手町のAETはこれまで1人体制で、1中学校2小学校を回っていたが、9月から2人体制で、各人がどちらかの小学校を受け持ち、共同して中学校を受け持つ。2020年度から小学校での英語教育が本格導入されるのに備えたもの。【藤本博】