下岡さん(左)の淹(い)れた玉露を味わうバルボさん(久五郎邸)

プレミアムブランド化事業

パリの三ツ星レストラン「Astrance(アストランス)」でシェフを務めるパスカル・バルボさん(46)が13日、宇治市や宇治田原町に訪れ、宇治茶の生産現場を視察。自身の料理に生かそうと、生産者と意見交換を行い、宇治茶の奥深さを学んだ。【鹿野達郎】

詳しくは、「洛南タイムス」8月14日付1面

または、デジタル版へ→http://www.shimbun-online.com/product/rakunantimes0180814.html