「千の夜を越えて」前売発売中

 宇治出身のシンガーソングライター「大督(だいとく)」さん=写真=を迎えた宇治市文化センター大ホールでのライブが10月14日(日)午後1時30分から開演(開場午後0時30分)する。
大督さん(33)は伊勢田町生まれ。伊勢田小、西宇治中、西宇治高(現・城南菱創高)と進み、母の勧めで4歳から始めたピアノを高校卒業まで続けた。
ギターは中学時代に始め、高校生の時はウエイトリフティング部で活動しながら曲づくりに励み、大学では柔道に励みながらライブハウスで歌い始めたという変わり種。
在学中にアメリカ・ポートランド州立大学へ短期留学し、本場のブルースやソウルの臨場感あふれるシーンを体中に焼き付け、培った音楽魂を路上ライブなどで発表。
東日本大震災の被災地に水を送るハッピーウォータープロジェクトではテーマソングを担当。いわき市の小学校の金管バンドに楽器を届けようと、児童とコラボしたセカンドシングルを制作し、2作目のCD「ロウソク」の収益で楽器を購入し、学校に贈る運動につなげた。
大督ホールワンマンライブTOUR2018「千の夜を越えて」は全席自由席。前売券2千円、高校生以下500円。当日券3千円。チケットは文化センター、観光センター、観光案内所(JR宇治駅前、近鉄大久保駅前)、市内各コミセン、アル・プラザ宇治東、ケイ・ネット(アル・プラザ京田辺店)、Waoya、KBS京都事業部(電話予約℡075・431・8300のみ)で好評発売中。【岡本幸一】