10万人目の利用者に記念品を贈る村田理事長ら

来年15周年 大台突破祝う

井手町多賀一ノ谷にある井手町野外活動センター「大正池グリーンパーク」の利用者が「山の日」の11日、開設以来10万人を超えた。節目の来場者に記念品が贈られ、関係者たちが大台突破を祝った。

NPO法人大正池環境サポートセンター(村田名良夫理事長)が指定管理者を務める同センターは、同町山間部にある農業用のため池・大正池を活用し、周辺の自然豊かな環境を楽しめるアウトドア施設。2004年4月にオープンし、08年1月には府の景観資産にも登録、来年で15周年を迎える。
バーベキューやウォークラリー、天体観測などが楽しめ、メインハウスやテントで宿泊も可能。独立しているバンガロー(5棟)のバーベキュースペースは、屋根も付いていて人気が高い。【谷貴生】

詳しくは、「洛南タイムス」8月15日付2面

または、デジタル版へ→http://www.shimbun-online.com/product/rakunantimes0180815.html