バケツリレーで物資を運搬する参加者(田辺中央体育館)

京田辺市は市立田辺小と田辺中央体育館で先の日曜、大規模地震の発生を想定した避難所運営訓練を実施した。地域住民や社会福祉協議会員、市職員など約250人が参加し、避難所の開設から給水タンク、仮設トイレを設置するなど、実践的な手順を通じ災害対策を確認。いざという時に備えた。

詳しくは、「洛南タイムス」8月30日付8面
または、デジタル版へ→http://www.shimbun-online.com/titlelist/rakunantimes.html