サンフォルテ城陽を選んだ検討委員会

第2回「久世荒内・寺田塚本地区愛称検討会」(座長・山下等久世荒内・寺田塚本地区土地区画整理審議会長・委員8人)が30日、城陽市役所内第1会議室で開かれ、応募作品の中からひとまず、「サンフォルテ城陽」を選んだ。今後、各委員の意見を踏まえ『京都』の名称を入れるか入れないかを庁内で検討した上で、9月13日(木)の市議会建設常任委員会(小松原一哉委員長・委員10人)に報告する。

詳しくは、「洛南タイムス」8月31日付6面
洛南タイムス購読は→http://www.rakutai.jp/koudoku/
または、デジタル版へ→http://www.shimbun-online.com/titlelist/rakunantimes.html