ロボットを操作する「楔パートⅡ」

2チームが全国出場権獲得

高校生がロボットの製作・操作技術を競う第23回京都府高等学校ロボット大会が2日、府立田辺高校(今川雅之校長)で開かれ、地元の田辺高の2チームが優勝、準優勝に輝いた。既に全国大会出場を決めていた1位の「楔(くさび)」に加え、2位の「楔パートⅡ」も権利を獲得。10月、各地から集まる高校生に、アイデアと技術で立ち向かう。

詳しくは、「洛南タイムス」9月4日付1面
または、デジタル版へ→http://www.shimbun-online.com/titlelist/rakunantimes.html