宗円生家の目の前に広がる昔の生活

宇治田原町湯屋谷にある日本遺産「永谷宗円生家」の敷地内にミニチュアの日本庭園が現れた。手掛けたのは生家のすぐ隣に住む永谷清さん(64)と浩美さん(58)夫妻。梅の木が先日の台風で倒れてしまったため、跡地をキレイな庭にリニューアルさせた。

詳しくは、「洛南タイムス」9月19日付8面
または、デジタル版へ→http://www.shimbun-online.com/titlelist/rakunantimes.html