平成30年度秋季京都府高校野球大会は22、23、24日、太陽が丘球場と峰山球場で2次戦の1、2回戦計13試合を行い、ベスト8が出そろった。地元勢では、京都すばると京都翔英が8強入り。莵道と立命館宇治は敗退した。
京都すばるは、2回戦で京都成章に3―0で完封勝ち。京都翔英は1回戦で洛西を7―1で破ると、2回戦では鳥羽を4―1で退けた。
一方、莵道は1回戦で東山に0―8で7回コールド負け。今夏の選手権決勝戦と同じ組み合わせとなった2回戦、立命館宇治と龍谷大平安の一戦は、立宇治が5―7で競り負けた。
準々決勝は29日と30日にわかさスタジアム京都で行われる。京都すばるは福知山成美(29日9時30分~)、京都翔英は京都外大西(同12時~)と対戦する。2次戦の上位3チームは、来春のセンバツ甲子園出場権を懸けた近畿大会(10月20日~、ほっともっとフィールド神戸)へ出場する。
結果は次の通り。
【2次戦】
《1回戦》
朱雀・農芸・南陽・教附連合
003000000=3
福知山   22100000X=5

洛 西   000001000=1
京都翔英  01022011X=7

龍谷大平安 102025=10
京都学園  000000=0(6回コールド)

乙 訓   205103001=12
西舞鶴   000403400=11

東 山   4400000=8
莵 道   0000000=0(7回コールド)

《2回戦》
京都成章  000000000=0
京都すばる 00001110X=3

京都文教  00000001=1
京都外大西 20004002x=8(8回コールド)

福知山   00000000000=0
福知山成美 00000000001x=1(延長11回)

鳥 羽   000010000=1
京都翔英  00010300X=4

龍谷大平安 010014100=7
立命館宇治 201000101=5

京都共栄  1000000=1
乙 訓   043100X=8(7回コールド)

京都八幡  00000000=0
京都国際  20004001x=7(8回コールド)

塔 南   040000213=10
東 山   040300000=7