Cの部を制した広野ジュニアーズ

第84回城陽市長旗杯争奪大会・第29回京都軟式野球連盟城陽支部長杯争奪大会・第26回近畿砂利協同組合理事長杯争奪大会(南京都少年野球連盟城陽支部主催)は24日、城陽市木津川河川敷グラウンドでB、Cの部の決勝戦と3位決定戦を行った。Bの部は柊野ブラックジャガー、Cの部は広野ジュニアーズが優勝した。

Cの部は広野ジュニアーズと長岡京BB野球スポ少が対戦。元気いっぱいの広野ナインが躍動し、7―3で長岡京を撃破。出場16チームの頂点に立った。
広野は1―1の同点で迎えた3回裏、3番・新川楓真、4番・名張咲哉、5番・保田駿介のクリーンナップトリオが連続適時打を放つなど、大量6点を奪い、一気に試合を決めた。4番の名張は1回表、自らの三塁守備のミスで先制点を許したが、チャンスで回ってきた打席で、その悔しさを集中力に変え、気迫の2点打。自分のミスを自分のバットで取り返し、MVPを獲得した。
投げては先発・保田、2番手・新川が長岡京打線を3点に抑え、逃げ切った。
広野の選手たちは試合中、終始大きな声援を送り、チームメートを奮い立たせた。一球一球、一投一打に元気な声が飛び交い、チーム一丸となって栄冠をつかんだ。

■伊勢田がタイブレーク制す
白熱、3位決定戦

3位決定戦は伊勢田ファイターズと亀岡リトルイースタンが対戦。試合は、逃げる伊勢田、必死に追いすがる亀岡の接戦となった。最後はタイブレーク戦にもつれこみ、新井幾大の犠飛で決勝点を挙げた伊勢田が6―5で競り勝った。
結果と表彰選手は次の通り(敬称略)。
【Cの部】
《3位決定戦》
伊勢田ファイターズ
20301=6
20210=5(タイブレーク)
亀岡リトルイースタン
《決勝戦》
長岡京BB野球スポ少
10020=3
0160×=7
広野ジュニアーズ
◆最優秀選手賞=名張咲哉(広野)
◆優秀選手賞=諸井大雅(長岡京)
◆敢闘賞=枝陽菜乃(広野)高田侑弥(長岡京)新井幾大(伊勢田)内藤祐仁(亀岡)

■Bの部は柊野がV
宇治コンは4位

Bの部決勝戦は、柊野ブラックジャガーが長岡京BB野球スポ少に8―0で快勝。26チームが出場した同部を制した。
3位決定戦では、宇治コンドルが桂友クラブと対戦。4回裏に逆転を許し、直後に反撃したが及ばず、5―7で競り負けた。
結果と表彰選手は次の通り(敬称略)。
【Bの部】
《3位決定戦》
宇治コンドル
10022=5
0115×=7
桂友クラブ
《決勝戦》
長岡京BB野球スポ少
0000000=0
102032×=8
柊野ブラックジャガー
◆最優秀選手賞=村上冬万(柊野)
◆優秀選手賞=牧大翔(長岡京)
◆敢闘賞=堤軍二(柊野)山田龍之介(長岡京)村木優仁(桂友)山田偉月(宇治コン)