2年生児童による劇「はらぺこあおむし」(宇治田原小学校)

宇治田原町の2小学校で20日、地域住民や保護者に児童の様子を紹介する「学校公開」が行われた。児童たちが表現豊かに劇や歌を披露し、訪れた人たちに練習の成果を発表した。
学校公開は小中一貫教育推進の3校が地域と連携して取り組み、毎年学期ごとに実施。1学期と3学期は公開授業、2学期は学習発表会を行っている。
このうち、町立宇治田原小学校(池尻一広校長、231人)では体育館で「学習発表会」を展開。全校児童による「世界に一つだけの花」の合唱で幕を開けた。
各学年が順番に英語劇や音読劇、合唱などを披露。児童たちが思い思いに表現し、保護者たちがじっと見つめていた。また、うぐいす宇治田原幼稚園の園児が特別出演し、「まっかな秋」と「きのこ」を合唱した。
体育館いっぱいに広がる子供たちの声に、会場は和やかなムードに包まれた。