A~D4クラスの代表キャプテンが全力プレーを誓う

2018年シーズンの少年野球を締めくくる第22回『洛タイ新報旗杯争奪学童軟式野球大会』が3日に開幕。太陽が丘第1野球場で行われた開会式では球児たちが、元気ハツラツとした入場行進で、その成長ぶりをアピールした。
㈱城南新報と㈱洛南タイムス社が提携した統合紙「洛タイ新報」の冠をつけ、宇治少年野球連盟主管のもと、これまでの優勝旗杯を引き継いで開催。梅ほころぶ早春から、太陽が照りつける夏、紅葉の晩秋へと歩んできた今大会には、ファイナルステージとなる6年生から初々しい3年生以下Dの部まで計142チームがエントリーした。
『一生懸命、投げます、打ちます、走ります』を合言葉に、セレモニーでは長田啓助・洛タイ新報社長が「より一層、皆さんを応援する新聞でありたい」と挨拶。来賓の山本正宇治市長も青少年健全育成を目的に「さらに、この大会を盛り上げよう」と呼びかけた。
選手宣誓ではA~Dの部の主将代表が、そろい踏み。兜台少年野球Aの舩戸立樹主将が「僕たち選手一同は、たくさんの人に支えられ、野球ができることに感謝します。僕たち6年生はあと少しで卒団です。小さい頃から同じユニホームを着て、ともに頑張ってきた仲間たちと、1日でも多く一緒に野球ができるように力を合わせ、最後の一球まで正々堂々、全力でプレーします」と約束。羽束師ラビットBの髙山大和主将は「平成最後のメダルが獲得できるように、最後まであきらめず、仲間を信じ、戦い抜きます」と決意の言葉を述べ、美濃山ファイアーズCの藤本悠月主将は「感謝の気持ち」を前面に、田辺アルファーDの木田蒼甫主将は球場の外まで響き渡るような大きな声で全力プレーを誓った。

始球式で速球を投げ込む女子プロ野球「レイア」の今井巴菜投手

■始球式で女子プロ魂/「レイア」今井投手

「洛タイ新報旗杯争奪学童軟式野球大会」始球式には、城陽市の鴻ノ巣山運動公園野球場を練習拠点にする女子プロ野球リーグ・育成チーム「レイア」の今井巴菜(はな)選手と久保夏葵(なつき)選手が登場。
10月に開催された女子野球ジャパンカップで、優勝に導く好救援を見せた左腕の今井投手が速球を投げ込み、球児たちに大きなパワーを与えた。
また、この日は中学生の女子硬式野球クラブ「ピュア・エンジェル」から、学童時代に城南新報旗杯で活躍した選手たちも応援に駆け付け、セレモニーをサポート。球場に爽やかな風を運んだ。