「一緒にオリジナルアクセを作りましょう」と呼び掛けるKちゃんねるのメンバー

同志社女子大の学生らが18日(日)に開催される「京田辺市産業祭2018」内で、同市キララ商店街の人気キャラ「キララちゃん」をモチーフにしたアクセサリー作りのワークショップを開く。先着20人で参加者を募集している。

キララちゃんカラーをモチーフにしたアクセサリー

大学の演習で京田辺の活性化に取り組む5人が仮想企業「Kちゃんねる」(前田真里奈代表、谷山まどか、森絢音、奥野千晶、藤田未来)を立ち上げて取り組む。
ヘアゴムかヘアピン、どちらかを選んで製作。キララちゃんを連想させる赤、黄、緑を使い、丸や三角、星などさまざまな形のラメやビーズを星型の台にちりばめ、オンリーワンのアイテムに挑戦する。
10月に滋賀県で行われた「ご当地キャラ博in彦根」で学生らが販売したところ、缶バッジ115個を含め全て完売するなど好評を得た作品。ヘアゴムは腕にはめることもできる。光が当たるとキラキラと反射し、ワンポイントアイテムとしてぜひ手にしたい一品だ。なお、今回はその売り上げを地域の子供たちに還元しようと、参加費無料で行う。
代表の3回生・前田さん(20)は「かわいいアクセサリーを身に着けて、キララちゃん気分でお出掛けしてください」と笑顔を向ける。
対象は年長児から小学6年生、場所は田辺中央体育館。時間は①午前9時~、②10時~、③11時~、④午後1時~、⑤2時~で、各回4人まで。不器用な子や初心者でも「私たちがマンツーマンでサポートするので安心してください」と心強い。
空きがあれば当日参加も可能だが、事前予約制・先着順のため、早めの申し込みを呼び掛けている。
希望者は氏名、年齢、希望開始時間(右記番号)を記載してgwj038@dwc.doshisha.ac.jpにメールを送信する。
詳細はツイッター@_kchannelでも発信している。