クロスピアくみやまで貸し出し中のレンタサイクル

久御山町のレンタサイクルで文化・歴史に関する町内のスポット6カ所を巡り、現地に行かないと分からない〝難問〟に回答する「くみやまクイズラリー」が始まった。小回りの利く自転車で風を感じ、車窓からとは違った久御山の魅力を満喫してもらう。12月9日(日)まで。
町は交流施設「まちの駅クロスピアくみやま」(森南大内)で、自転車を有料で貸し出すレンタサイクル事業を展開している。「観光」を入り口に、久御山の魅力を掘り起こす住民参画の会議で寄せられた意見がきっかけ。町は2016年10月から開始し、コンパクトな平地の町域で頼れる移動手段となっている。
クイズラリーはレンタサイクルの利用促進と町の魅力発信に向け、町が初めて企画した。
クロスピアで自転車とクイズ用紙を受け取ってから出発し、佐山浜台の茶園▽雙栗神社(佐山)▽称名寺(佐古)▽玉田神社(森)▽華台寺(相島)▽巨椋池排水機場(東一口)の6カ所を訪れてもらう。
クイズは風景などに関するもので、現地に行かなければ正解が導き出せない内容。自転車は電動と普通のものを合わせて10台用意しており、午前9時~午後5時に利用できる。
町は「地元の人には『こんなものがあったのか』と久御山を再発見してもらい、久御山に来たことのない人には、ぜひ足を運んでもらいたい」(産業課)と、町内外に向けて参加を呼び掛けている。
参加料300円(レンタサイクル代含む)。所要時間は2時間ほど。月曜休み。クロスピアへの前日までの連絡が原則だが、レンタサイクルに空きがある場合は当日でも可能。参加賞で久御山産の新米1合を贈るほか、全問正解者の中から抽選で特別賞をプレゼントする。申し込み、問い合わせはクロスピアくみやまTEL075‐631‐9964まで。