ごみを拾い集める参加者

決められた時間内でどれだけごみを拾い集められるかを競う「スポGOMI」が、京田辺市内で開催された。
「わがまち〝京たなべ〟を美しくする会」が主催し、16チーム64人が参加。運営に協力した同志社ローム記念館プロジェクト「えこまな@京田辺」の呼び掛けもあり、学生の姿も多かった。
新田辺駅西側を中心に、制限時間1時間内でごみを拾い、重さなどを競った。
参加者は「一見するときれいだが、間近で見ると結構落ちている」などと話しながら、植込みや道端をのぞき込み、ごみ拾いを楽しんでいた。
集めたごみは燃える、燃えない、ペットボトルなどに分別し、この日は合わせて51・8㌔を回収。1位のチームには2万円分の商品券、2位のチームには京田辺のスイーツセットなど、豪華賞品が贈られた。