親子で楽しく飾り付け

宇治田原町内を走る「町営バス」(無料)が5日(水)から、クリスマス号として運行を始める。「なごみ号」(北ルート・高尾ルート)や「茶ッピー号」(南ルート)に乗ると、一足先にクリスマスムードを味わえる。
同町では、町営バスの利用促進事業として、12月に車内をクリスマス仕様に飾り付けて運行している。
昨年は町職員で飾り付けを行ったが、今年は初の試みとして、地域子育て支援センター(青山晃子所長)を利用する子供たちやその家族と一緒に4日、飾り付けを行った。
クリスマス気分を盛り上げるとともに、家族みんなでバスに親しんでもらおうと、建設環境課と地域子育て支援センターが協力し合い、素敵な仕上がりとなった。
クリスマス号の運行は25日(火)までで、期間中は利用者全員にアメをプレゼント。また、25日(火)のクリスマス当日は利用した子供にお菓子の詰め合わせをプレゼントする。運行時間やルートは現行通り。