久御山バッファローズの三瀬由騎

第22回『洛タイ新報旗杯争奪学童軟式野球大会』13日目。準決勝の残り2試合が行われ各クラスの2強が出そろった。
Aの部では神明が前日の南宇治クラブ戦に続き、葛野ジュニアを延長タイブレーク引き分け抽選勝ちで退け、宇治少年野球連盟での今シーズンV9に王手をかけた。
決勝カード「神明VS城陽ビクトリーズ」は、全京都の春夏優勝チームと夏の全国大会(阿波おどりカップ・高円宮賜杯)出場チームの激突。ここまでの対戦成績は2勝2敗の五分である。
◆南京都(春)・決勝
城ビク1‐0神 明
◆全京都(春)・準決勝
神 明3‐2城ビク
◆城陽市長旗(夏)・準決勝
神 明3‐2城ビク
◆南京都決勝大会・決勝
城ビク1‐0神 明

まさに、今年の少年野球を締めくくるにふさわしい「王者対決」。どちらが最後の勝負を制するのか…緊迫感あふれる戦いとなりそうだ。
一方、Bの部では久御山バッファローズが、コンドルとのライバル対決を制し、D~C~Bと3年連続の決勝進出を決めた。
【Aの部】
《準決勝》

1234567R
葛野ジュニア
1
0
0
0
1
0
0
2
神明スポ少
0
0
0
2
0
0
0
2
(タイブレーク、特別抽選で神明の勝ち)
【Bの部】
《準決勝》
12345R
宇治コンドル
0
0
0
1
1
久御山バッファ
1
3
0
×
4
(4回時間切れ)

最終決戦は16日(日)、舞台は太陽が丘第2球場。試合時間は次の通り。
①9時10分【D決勝】田辺アルファー‐桃南クラブ
②10時40分【C決勝】広野ジュニアーズ‐SSC太陽
③12時30分【A決勝】城陽ビクトリーズ‐神明
④14時【B決勝】羽束師ラビット‐久御山バッファローズ