「つながろう掲示板」で係の説明を聞く来場者

情報通信技術(ICT)の支援に取り組むNPO法人まちづくりねっと・うじ(日野真代理事長)が16日、宇治市生涯学習センターで設立10周年の記念イベントを開いた。多彩な催しで市民の絆が深まった。
「みてきいて体験して・つながろうフェスタ」と題して地域団体の交流や情報交換の場を提供し、楽しく暮らせるまちづくりを狙った企画。市福祉サービス公社をはじめ、子育て・医療関連のNPO法人など、22の団体が協力した。
会議室で開かれた実演・ワークショップでは、立命館宇治高校の生徒たちによるキャンドル作りや、女子力キラキラ応援団のフラワーアレンジメントがあった。来場者たちは一つのテーブルに集まって製作を行い、互いに交流を深めていた。
「つながろう掲示板」のコーナーには、参加団体や一般市民らが持参した名刺やチラシがズラリ。スタッフが来場した人の要望を聞きながら、つながりのある団体や個人を紹介していた。

ホールで美声を響かせた「ココワドコ」

ホールでは「つながろうLIVE」が開かれ、ママさんブラスujiやココワドコなど7グループのステージで盛り上がった。また、ロビーではゆめハウス、ワークセンター宇治作業所によるパンや軽食の販売でにぎわった。