Aの部優勝・神明スポーツ少年団
Dの部 田辺アルファー ノーヒットノーラン V

第22回『洛タイ新報旗杯争奪学童軟式野球大会』のファイナルマッチが16日、太陽が丘で繰り広げられ、今シーズンの集大成とも言える白熱の勝負が寒波を吹き飛ばした。

【Aの部・決勝】

123456789R
城陽ビクトリーズ
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
神明スポーツ少年団
0
0
0
0
0
0
0
0
1x
1
(延長、タイブレーク)
【Bの部・決勝】
123456789R
久御山バッファローズ
0
0
0
1
0
0
0
0
0
1
羽束師ラビット
1
0
0
0
0
0
0
0
1x
2
(延長、タイブレーク)
【Cの部・決勝】
12345R
SSC太陽
0
0
1
0
0
1
広野ジュニアーズ
1
5
0
0
×
6
【Dの部・決勝】
12345R
桃南クラブ
0
0
0
0
0
0
田辺アルファー
2
0
1
0
×
3

A決勝「神明VS城陽ビクトリーズ」は、全京都の春夏優勝チーム、そして夏の全国大会(阿波おどりカップ・高円宮賜杯)出場チームの激突。ここまでの対戦成績は2勝2敗の五分で、まさに雌雄を決する大一番となった。
初回、城ビクが1アウト満塁、神明が1アウト2・3塁のチャンスをつくるが、ここで両先発・四方大翔(神明)と大槻貴也(城ビク)が一気にギアを上げる。
球場を取り巻くギャラリーが感嘆の声を上げる渾身のストレートで三振を奪いにいくと、神明は3回1アウト2・3塁のピンチもしのぎ、5回からは山谷泰生にスイッチ。
対する城ビクは大槻に命運を託し、延長8回裏1アウト1・3塁の場面も敬遠・満塁策で後続を断った。
そして9回からは1アウト・フルベースから始まるタイブレーク方式。最後は限界を超える力投を続けていた大槻に代わったリリーフ投手がHP(ヒットバイピッチ)を与え、神明サヨナラ勝ちとなったが、その突然の幕切れも含め、今年の「最高ゲーム」と言うにふさわしい一戦だった。
キャッチャーを扇の要に内外野の度重なるファインプレーで守り立てた神明は、宇治少年野球連盟での今季V10を、最高の相手との最高峰の舞台で達成した。
また、B決勝も延長タイブレークもつれ込む大接戦。羽束師ラビットがD~C~Bと3年連続の決勝進出となる久御山バッファローズを相手に、歓喜の勝利を果たした。
一方、C決勝では全京都春優勝・夏準優勝の広野ジュニアーズが2回、真鍋拓総と中村琉生のヒットでチャンスを広げ、新川楓真が左中間、保田駿介が右中間へタイムリー。一挙5点を奪い、ゲームの主導権をがっちり握った。
さらにD決勝では田辺アルファーが大記録を達成。初回、ヒットの大西蓮太郎と宮河謙太郎が足攻を仕掛け、木田碧翔の犠飛などで2点を奪うと、先発の福井優心が3回、リリーフ宮河が2回を無安打ピッチ。エラーの走者1人だけというノーヒット・ノーランで初陣Vを飾った。

■表彰選手
今大会のメダル・ゲットに大きく貢献した表彰選手は次の通り。
【Aの部】
▼MVP=森江大悟2塁手(神明)
▼優秀選手=山谷泰生捕手・四方大翔投手(神明)、大槻貴也投手・金澤大和捕手・中山滉大遊撃手(城陽ビクトリーズ)
【Bの部】
▼MVP=髙山大和投手(羽束師ラビット)
▼優秀選手=中瀬祐斗投手・下曽山仁捕手(羽束師ラビット)、長嶋颯斗投手・三瀬由騎2塁手・平井悠太捕手(久御山バッファローズ)
【Cの部】
▼MVP=久保直音中堅手(広野ジュニアーズ)
▼優秀選手=田中壮尚1塁手・横田修馬右翼手(広野ジュニアーズ)、上野滉介投手・森永祥羽投手・大福十輝3塁手(SSC太陽)
【Dの部】
▼MVP=福井優心投手(田辺アルファー)
▼優秀選手=大西蓮太郎遊撃手・木田蒼甫捕手(田辺アルファー)、岩谷弘翔左翼手・太田有祇遊撃手・大野寛人3塁手(桃南クラブ)

■平野佳寿未来賞 
そして、プロ野球選手を夢見る新星たちには、メジャーリーグ「ダイヤモンドバックス」の平野佳寿投手(小倉リトルズ~北宇治中野球部~鳥羽高校~京都産業大学~オリックス・バファローズ)から、サインボールが「未来賞」として贈られたほか、特別賞としてオリックス時代の応援用ユニホーム(サイン入り)もプレゼントされた。受賞者は次の通り。
▽Aの部=上田爽真右翼手・山谷泰生投手(神明)・松岡耀1塁手(城陽ビクトリーズ)・大槻貴也投手(特別賞・城陽ビクトリーズ)▽Bの部=粂遑夢右翼手(羽束師ラビット)・重久善健1塁手(久御山バッファローズ)▽Cの部=新川楓真投手(広野ジュニアーズ)・飯田侑磨中堅手(SSC太陽)▽Dの部=宮河謙太郎1塁手・投手(田辺アルファー)・齋藤大輔投手(桃南クラブ)

■和みプレゼント
この日の決勝戦では京都府茶協同組合から、源氏絵鑑帖が描かれた生粋『碾茶入り宇治茶』のペットボトルが選手全員と応援団にプレゼントされ、山崎製パン㈱京都工場も心温まる協賛を寄せた。

■京阪住研特別賞
また、宇治市木幡正中のセンチュリー21「京阪住研」からは、さらなる成長を期待してDの部優勝チーム伊勢田ファイターズにバッティングゲージ、ABCの優勝チームに野球道具バッグが贈呈された。