竹筒を割り、粥の入り具合を確認する奥村宮司(右)や総代

竹筒の粥の入り具合でその年の農作物の作況と天候を占う「粥占(かゆうら)神事」が15日未明、久御山町佐山の雙栗神社(奥村博宮司)で営まれた。今年は「食べ物はわりに安泰」との結果だった。
江戸時代後期から続くとされる小正月の行事。小豆粥を炊く大釜に早稲(わせ)、中稲、晩稲(おくて)、大豆、イモなど8種類の作物の札をつけた竹筒(長さ10㌢余り、直径1㌢)を入れる。煮上がった釜から竹筒を取り出して割り、入っている粥の量から作物ごとに豊凶や天候を占う。
神事には神社総代や地元の佐山・林両自治会関係者らが参列。木の摩擦熱を利用して火を起こし、米と小豆を1時間余り炊いた。
8本の筒の粥の詰まり具合は▽早稲7分▽中稲9分▽晩稲9分▽綿5分▽大豆9分▽イモ3分▽キビ9分▽梨5分で、全く詰まっていないものが3つあった昨年より安定した入り具合。早稲、中稲、晩稲とも詰まりが良かったため、集まった人々は「豊作になるのでは」などと期待を口にした。
粥の入り具合は御神差に書かれ、佐山・林地域の氏子宅に配られた。