サンガカップ第41回京都少年サッカー選手権大会(小学6年生以下)は12、13日に1~4回戦の残り23試合を行い、巨椋が準々決勝に進出した。
巨椋は3回戦で暁に5‐0で圧勝、4回戦では葵との接戦を1‐0で制した。
これまでの結果により、地元勢では巨椋と久御山が8強に名乗りを挙げた。20日にサンガタウンで準決勝までの試合があり、準々決勝で巨椋は太秦Aと、久御山は山田荘Aと火花を散らす。
12、13日の結果は次の通り。
【1回戦】
洛央 6‐0 舞鶴
桂坂 1‐0 太秦B
朱六 2‐0 ナジェック
【2回戦】
ズイーガ 3‐0 洛央
朱六 3‐2 桂坂
【3回戦】
小倉 3‐1 長岡第四
桂川 0‐0(PK4‐2) 西陣中央
比叡 2‐0 桂
紫光 2‐0 精華
物部 0‐0(PK4‐2) 西京極
大塚 3‐1 ソルセウK
太秦A 5‐0 花園
養徳 1‐0 アンフィニ
葵 0‐0(PK7‐6) 伊勢田
ズイーガ 2‐0 朱六
巨椋 5‐0 暁
加茂 3‐3(PK4‐3) 花山
【4回戦】
比叡 5‐1 小倉
紫光 3‐0 桂川
太秦A 2‐1 物部
大塚 5‐0 養徳
巨椋 1‐0 葵
加茂 2‐0 ズイーガ