手際よく枝ぶりを整える協会のメンバーたち

城陽市造園建設業協会(松原春生会長、8社)は17日、市役所のシンボルである玄関前の紅白梅の剪定、施肥など樹木管理を奉仕活動として行った。市は、府内最大の「青谷梅林」にちなんで、ウメを「市の木」に選定している。ウメは、サクラに比べて寿命が長く、うまく管理すると数百年持つという。この紅白梅も樹齢約50年の古木。「枯れさせてはならぬ」と、プロの手入れで樹勢は復活しつつあり松原会長(69)は「昨年の台風で紅梅の枝が折れたのは残念。しかし、樹勢は回復してきており、強めに剪定しました」と、2月下旬の開花に自信のコメントを発した。
早春の奉仕活動として、すっかり定着している紅白梅の剪定は、2005年から断続的に行われている。以前、同協会が行っていた市内各地の沿道での「街路樹剪定講習会」を発展させる形で、同協会の加盟業者にとっては、剪定技術の向上の一環でもある。
奉仕の剪定を始めた当時、紅白梅は樹勢が衰え、来庁者から「いつまで、きれいな花が見られるか」と心配の声さえ聞かれたが、同協会加盟業者が庁舎内の樹木維持管理業務を請け負った年度に行っている樹勢回復プランのおかげで、2本の古木は年々、元気を取り戻している。
この日も加盟業者8社から8人が参加し、松原会長や本城秋男副市長らが見守る中、伸びすぎた徒長枝(とちょうし)をハサミで切り落とし、つぼみの数を適度に整えるなど手際良く作業を行った。
もともと、この紅白梅は、1991から92年度にかけて行われた庁舎増改築・駐車場整備工事の際、現在の南側駐車場内「市民憲章碑」の両脇に移植。当時を知る人の話によると「そのうち一本は移植時に枯れてしまい(今道仙次・元市長と親交のあった)宝酒造の創業者の別邸から譲り受けた」という話も伝わる。
その後、市役所のシンボルとして大切に受け継がれてきたが、衰え始める樹齢50年が近づいていることから、今後も入念な手入れが必要となる。
ただ、ここ最近の同協会加盟業者の献身的な手入れのおかげで、紅白梅とも樹勢は復活の兆しを見せており、剪定だけでなく、幹から出るヤニ、木々に付いた害虫のフンもきれいに除去。さらには、木々の根元に腐葉土を入れるなど土壌改良を施し、根の部分に養分が行きわたりやすくする手入れも施した。
作業を見守った松原会長は「紅白梅は、バランス良く形を整えることが大切だが、昨年の台風で、紅梅上部の枝が折れてしまい残念。しかし、白梅は完全に樹勢が戻り、紅梅も8割ぐらいは元気を取り戻してきている。徒長枝は今の時期に切り落とすのが一番良い。今年は、強めに剪定して、新芽がどんどん伸びるようにしたい。今年は花のつぼみが丸くなるのが早い。このまま暖冬が続くと、2月終わりには開花するのではないか」と太鼓判を押した。