松隠堂へ放水する消防隊と消防団員

宇治市五ヶ庄の萬福寺(近藤博道管長)で25日、文化財防火デーに合わせた消防訓練が開かれた。関係者ら約60人が参加し、自助・公助・共助の三位一体で合同消防訓練に当たった。
寺院の自衛消防隊のほか、宇治市消防本部(中谷俊哉消防長)指揮隊、東消防署(吉岡俊二署長)消防隊が出動。宇治市消防団(大川仁一団長)の東宇治分団と大和田文化財まもり隊(山岡兼治代表)の隊員たちも協力した。
宗祖隠元禅師が隠居したとされる重要文化財「松隠堂」から出火したとの想定で訓練が始まった。自衛消防隊が消火器で初期消火し、119番通報。まもり隊の隊員たちが、被災者の搬送を行い救護活動に取り組んだ。
避難誘導の後、消防車、小型動力ポンプから東消防署と消防団東宇治分団(天野俊明団長)の隊員たちが勢い良く放水。本番さながらの訓練消火を終えた。
1月26日の「文化財防火デー」は、1949年1月26日の奈良法隆寺金堂の火災を教訓に、国民の財産である文化財を災害から守ろうと制定された。この日を中心に、文化財愛護の意識を高める活動が全国的に展開されている。