選手宣誓する菟道の塚本選手

大会写真販売中!

菟道 大久保 巨椋 平盛 1位Tへ

第11回洛タイ新報杯少年サッカー4年生大会(本紙主催)が3日、太陽が丘で開幕し、市内12チームがリーグ戦で伸び盛りの技とチームワークをぶつけ合った。10日に順位トーナメント戦を行う。
㈱城南新報と㈱洛南タイムス社が提携した地域紙「洛タイ新報」の冠をつけ、これまでのカップを引き継いで開催した。開会式で菟道の塚本七斗選手が力強く宣誓した。
初日は4ブロックに分かれて予選リーグを行った。選手たちは保護者の声援を受けながら、精度の高いパスワークや球際の激しい攻防で冬場の練習成果を見せた。
予選の結果、1位トーナメントには菟道、大久保、巨椋、平盛が進出した。

予選リーグの結果は次の通り。
【A組】
菟道 1‐0 御蔵山R
菟道 2‐0 鳳凰
御蔵山R 3‐1 鳳凰
①菟道②御蔵山R③鳳凰

【B組】
大久保 3‐0 神明
大久保 4‐0 北槇島
北槇島 5‐3 神明
①大久保②北槇島③神明

【C組】
巨椋 4‐0 御蔵山B
巨椋 10‐0 伊勢田
伊勢田 5‐1 御蔵山B
①巨椋②伊勢田③御蔵山B

【D組】
平盛 1‐0 小倉
平盛 7‐1 三室戸
小倉 7‐0 三室戸
①平盛②小倉③三室戸