A球児を代表して田辺アルファー小西隆之介主将が最高のプレーを誓い、一休ケ丘ファイターズ池田晴が開幕投手を務める

春の栄冠を目指す第133回『南京都少年野球大会』(兼・第38回京都新聞社旗争奪大会)が17日に開幕しA・Bの部計80チームが太陽が丘球場を颯爽と行進。一冬越えて大きく成長した姿を披露した。

開会式は元気ハツラツとした入場行進で幕を開け、最後は河井規子木津川市長がアンダースローで始球式

この日のセレモニーでは松田剛大会委員長が開会宣言。南京都少年野球連盟の杉下定己理事長が「基本に忠実に体をしっかりつくってほしい」と願い、来賓の河井規子・木津川市長からは「チームの団結を強めるとともに他のチームとの交流を深めてもらいたい」との言葉が送られた。
そして、選手一同を代表して、田辺アルファーAの小西隆之介主将が「お父さん、お母さん、監督、コーチに『ありがとう』の気持ちを伝えるために最高のプレーを見せる」と宣誓。大石スポーツ少年団Bの丸岡空翔主将も「ともに汗を流した仲間との絆を胸に最後まで全力で戦います」と声を合わせた。
そして、始球式には河井市長が登板。初日はAの部1回戦9試合が行われ、大住クラブと加茂フレンズが接戦を制して勝利。神明、広野という宇治勢も好発進を決めた。
【Aの部】
《1回戦》
加茂フレンズ 5‐4 一休ヶ丘ファイターズ
凌風フェニックス 5‐2 衣笠ブラックタイガース
向日市野球スポ少 ②‐2 長岡京BB野球スポ少(抽選)
淀イーグル 3‐1 畷インパルス(6回時間切れ)
神明スポ少 7‐0 山田荘マシンガンズ(5回コールド)
大住クラブ 7‐5 野東スポ少(5回時間切れ)
キングシャイアンス 10‐0 久御山ライオンズ(4回コールド)
広野ジュニアーズ 6‐2 下鴨シャークス(6回時間切れ)
木津スーパーレッズ 9‐2 兜台少年野球(5回コールド)

■グランドマーチ賞

南京都少年野球連盟恒例の『グランドマーチ賞』を手にしたのはAの部が青谷アクターズと畷インパルス、Bの部が大住クラブと枚方くずはヤンキース。機敏な集合態度やハツラツとした行進など、大好きな野球に一生懸命取り組む「ひたむきな姿」をたたえ、洛タイ新報からトロフィーが贈られた。