6回表、神明Cの寺田昂矢㊧と牧田修輝㊨が次々と生還し勝ち越し

 第30回記念『宇治ライオンズクラブ旗杯争奪学童軟式野球大会』7日目。準決勝3試合が行われ、A、B、C各部で決勝戦進出チームが出そろった。
Aの部では、伊勢田ファイターズが2桁得点で快勝。宇治コンドルの昨年Bの部に続くファイナル進出は成らなかった。
Cの部は、2試合ともタイブレークにもつれ込む大激戦。神明は、中盤から終盤に4点差を追い付かれる猛追を受けたが、最後は勝利への執念を見せ、粘る岡屋を振り切った。また、僅差の勝負を展開した広野ジュニアーズと久御山バッファローズの一戦は、最後に広野が頭一つ抜け出し、今シーズン初タイトルへ王手をかけた。
各部の決勝戦は来月3日、黄檗公園野球場で行われる。

【Aの部】
《準決勝戦》

123456R
伊勢田ファイターズ
1
0
0
1
5
3
10
宇治コンドル
0
0
1
1
0
0
2
(6回コールド)

【Cの部】
《準決勝戦》

123456R
久御山バッファローズ
0
0
1
0
1
1
3
広野ジュニアーズ
1
0
0
1
0
2x
4
(タイブレーク)

123456R
神明スポ少
1
2
2
0
0
3
8
岡屋スポ少
1
0
1
3
0
1
6
(タイブレーク)