子供たちが岡田さんのアドバイスを受けフラダンスに挑んだ

京田辺市立児童福祉施設南山こどもセンター(安倉公彦所長)=三山木谷垣内=で11日、児童福祉週間の取り組みの一環となる「キッズフラダンス」が開かれ、小学2~6年の女子9人がハワイアンムードを満喫した。
地元出身で、市内でも開講する岡田瑞紀さん(29)を講師に招き、小・中学生を対象に参加者を募集。初心者も温かく迎える講座は5年目となり、すっかり定着して好評を得ている。
この日、母親やきょうだいに見守られた参加者が2列に分かれ、岡田さんの軽快な動きを見よう見まねで反復。休憩を挟み、ゆったりと流れるハワイ音楽のBGMにリラックスした表情を浮かべ、手でポーズを作り、伸びやかな足の運びに積極的にチャレンジした。