京都:山城地方のニュースをお伝えします

2018年5月17日

TODAY NEWS

急須で地元産新茶をご飯に
宇治田原町の2小学校

宗円偲ぶ「お茶漬け給食」



 現在、日本で飲まれている「緑茶」の製法を編み出した宇治田原町の郷土の偉人「永谷宗円」(1681〜1778)の命日5月17日を翌日に控えた16日、宇治田原町の2小学校で5、6年生(計149人)を対象にした給食に、町内産のお茶を使った「お茶漬け」が登場した。【鹿野達郎】

 「お茶漬け」を通して、お茶に親しみを持ってもらうとともに、「永谷宗円」の偉業と「日本緑茶発祥の地」宇治田原町に対する郷土愛を育んでもらおうと、地元の飲食店でつくる「宇治田原を食べつくすプロジェクト」(馬場哉代表)が提案し、町の取り組みとして2015年度から実施、本年度で4回目を迎える。
 煎茶は湯屋谷産の新茶で、地元問屋でつくる宇治田原茶盛組合(矢野芳巳組合長)が提供するほか、茶業関係者でつくる「宇治田原茶業青年会」(谷口悟司会長)などがイベントに協力している。
 この日の献立は、「鮭ご飯」とキュウリの漬け物「うじたわら漬け」、「新茶葉と桜エビのかき揚げ」、「はもボールのすまし汁」、「茶団子」、「飲むヨーグルト」をセットにしたもの。
 このうち、町立宇治田原小学校(池尻一広校長、231人、岩山丸山)では、茶業関係、観光関係者ら協力団体が各教室に分かれて入り、映像を交えながら永谷宗円や茶香服競技などの紹介をした。
 給食の時間になると、ハッピ姿のメンバーが希望した児童たちの席を回りながら、急須で淹(い)れた煎茶を鮭ご飯にかけていった。児童たちは一味違うお茶漬け給食を存分に味わっていた。
 6年生の増戸かりなさん(11)は「ほろ苦いけどおいしい」と笑顔を見せた。
 お茶漬けで有名な渇i谷園は宗円の子孫が創業しており、同社が宗円の命日の5月17日を「お茶漬けの日」に制定。お茶漬けの良さや、おいしさを広くPRしている。
 同社は「5月17日という日をきっかけに宗円翁の偉業を一人でも多くの方に知っていただき、また後世にも伝えていきたいという思いは、宇治田原町も当社も同じ。緑茶のふるさとである宇治田原町の発展と子どもたちの健やかな成長を心よりお祈りしています」とコメントを寄せた。
読者コーナー
投 書 箱
プレゼントコーナー


山城エリアガイド

企業&商店情報


洛南タイムス
購読申し込み
広告案内
会社概要
洛タイ福祉事業団
サイトの著作権





洛タイトップページ


copyright©洛南タイムス社
京都府宇治市宇治壱番26
TEL 0774-22-4109
FAX 0774-20-1417

※このサイトに掲載する記事や写真、その他のデータの著作権は、洛南タイムス社
またはその情報提供者に属します。無断転載を禁止します。