京都:山城地方のニュースをお伝えします

2018年6月13日

TODAY NEWS

京田辺で新たな音楽サークル
「ままキッズLOCUS」

妊婦から未就学児持つ若い人向け



 小さな子どもがいても気軽に音楽を楽しんでほしいと、京田辺市で新たなサークルが誕生しようとしている。ありそうでなかった隙間世代を対象にしていて、歌とピアノにはプロの講師がつく。親子で楽しみながら歌えば、子育てのストレスもいつの間にか飛んでいきそうだ。会ではオープニングメンバーを募集している。

 コーラスサークルは数あれど、多くは年配者や子どもだけのグループ。子育て中の母親は育児に追われ、どこか遊びに行こうにも子どもの世話が大変で「ぐずったらどうしよう」と二の足を踏んでしまうことも。
 「ままキッズLOCUS〜ローカス〜」は、そんな子育て中の人のためのサークル。周りの人と一緒に歌う楽しさを分かち合う。子どもの機嫌が悪くても、うるさいだなんて思わないし、それも音楽の一部に取り入れる。
 同市登録の子育てサークルは8つあるが、若い人たちが音楽を楽しむグループは初めて。歌うことが大好きな人が集まってメロディを口にすれば、子育てのストレスも減り、子どもとの向き合い方も変わるかもしれない。
 レッスンはプロの声楽家・奥村有加里さん、ピアニスト・藤井友美花さんが担当する。上達至上の学びの場ではなく、声を合わせる楽しさを教える。
 活動では発声練習や体操で体をほぐし、リラックスしてからなじみ深く愛されている曲を数多く歌う。毎回完結型で、いつ来ても知っている曲に親しめるよう配慮する。
 ゆくゆくは発表の場も設ける予定で、「きらきら星」では星の飾りを頭に付けたり、楽器ができない子どもはエアギターで体を揺らすなど、舞台演出にも想像が膨らむ。
 発起人の山際雅詩さんは「プロの指導で気持ち良く歌って、親も子どもも楽しみながら、少しずつレベルアップしてもらえたら」と話している。



■8月24日に体験会

 ローカスのメンバーらは自家焙煎の香り漂う京田辺市薪の「カフェ・デ・グランリュ」で11日、初顔合わせを行い、活動方針などを話し合った。
 8月24日(金)午後2時半から4時まで、同市大住の北部住民センター「とうちく」で体験会を実施する。
 活動は9月からスタートさせ、毎月2回、第1・3金曜日に行う。会場は「とうちく」か中央公民館を予定している。
 サークルでは会員も募っていて、料金は1家族1回500円(体験会は300円)。妊婦から未就学児を持つ保護者とその子どもが対象で、母親に限らず、近隣市町からの参加も可。
 申し込み・問い合わせはメールmama.kids.locus9@gmail.com、LINE ID @tnr0977u。【谷貴生】
読者コーナー
投 書 箱
プレゼントコーナー


山城エリアガイド

企業&商店情報


洛南タイムス
購読申し込み
広告案内
会社概要
洛タイ福祉事業団
サイトの著作権





洛タイトップページ


copyright©洛南タイムス社
京都府宇治市宇治壱番26
TEL 0774-22-4109
FAX 0774-20-1417

※このサイトに掲載する記事や写真、その他のデータの著作権は、洛南タイムス社
またはその情報提供者に属します。無断転載を禁止します。