卒業祝いの特別献立メニュー/宇治田原町の小学校
お祝い給食を囲み楽しく会話する6年生

宇治田原町の2小学校で15日、卒業を控えた6年生児童への「お祝い給食」が行われた。
同町では、緑苑坂にある学校給食共同調理場(下岡寛史所長)で町内の小・中学校と私立うぐいす宇治田原幼稚園の給食を作っており、1日850食を届けている。そのうち月に数回は「茶ッピーランチの日」を設けている。今月12日には、中学校と幼稚園に「卒業・卒園お祝い給食」を提供した。
この日は、卒業生の特別献立として、エビフライ・星形ポテト・イチゴ・ブロッコリー・タルタルソース・ お祝いケーキなどが振る舞われた。
このうち田原小学校では6年生41人が特別メニューを体験。山西奈津子栄養教諭と調理主任の大西正志さんが訪れ「卒業おめでとうございます。心を込めて作りました」と語った。
児童らはグループで机をくっつけ、仲良く給食を囲んだ。会話が弾む中、いつもより豪華な食事に笑顔が広がった。
好き嫌いがなく、なんでも食べられるという上田世楽くん(12)はこの日の給食について「美味しい」と笑顔で話し、中でもカツが一番だったという。